la mode europeénne sélectionné pour vous

HARRIS TWEED -Ⅱ-

11/12/2019

HARRIS TWEED HEBRIDES(ハリスツイード ヘブリディーズ)工場訪問の話題の続きです。
「製織(織機で服地を織る工程)」を、「職人」が「自宅」に於いて「人力」で行うのがハリスツイードの大きな特徴の一つなので、工場では販売用の製織は行われていません。ただ、サンプル作成などで生産する必要があるので、工場内には半幅、全幅の2タイプの織機が置かれています。あいにくこの時は製織の準備中で動かしていませんでした💦



工場訪問の後には職人宅で実際に製織されているところを見学に行ったのですが、とりあえず工場内での工程を続けて紹介させていただきます。織り上げられたハリスツイードは、帰ってくるとこんな感じで無造作に積み上げられ。。。




「ミリング」と呼ばれるウェットフィニッシング工程では、洗浄と同時に高速でツイードを「揉み」目を詰まらせます。



こちらはでは、乾燥させながら服地を伸ばして安定させます。ウェット・ドライ共に複数の工程を経てようやく完成が近づきます。



異物を取り除き。。。(「ケンプ」と呼ばれるウールの「死毛」はハリスツイードのアジとも言われていますが、部屋を使ってウールを混ぜたり、このような大らかな環境なので他にも色々と混入するようで。苦笑)



最後にしっかりチェックしていよいよ完成です✨



おっと💦ハリスツイードのもう一つの特徴は、一反一反が「ハリスツイード協会」の検査員にチェックされ、あの有名な「オーブマーク」が付いた認定マークを付けてもらわないと市場に出せない事。ちょうどこの日は週に2日工場に来るという検査員が作業(アイロンでマークを貼りつけ)をしていました♪クオリティー自体は工場でチェックされているので、検査員は書類に不備がないかなどを確認しているそうです。(続く)

HARRIS TWEED -Ⅰ-

11/08/2019

前回の出張の最終目的地は、5年振り3回目の訪問となるハリス&ルイス島。
そう、あの有名なHARRIS TWEED(ハリスツイード)の故郷です!
今回も3社ある統括工場(ハリスツイードは統括工場がマネージメントし、職人が自宅で織り、協会が認定するシステムを採っています)のうち、HARRIS TWEED HEBRIDES(ハリスツイード ヘブリディーズ)にお邪魔してきました✨




私はこちらの工場は2度目の訪問でしたが、初訪問のお取引先様も一緒だったので改めて製造工程を見せてもらいました。せっかくなので皆さまもご一緒に♪
ハリスツイードに使用されるウール(主にチェビオットとブラックフェイス種)は、現在主にスコットランド本土から集められています。全て先染め(原料染め)が施され、糸のカラーはこのようにダイナミックにウールをミックスすることで生まれます。




こちらが基本色で、組み合わせにより無限の数の色糸を作り出すことが可能なのです✨



ハリスツイードを始め、多くのツイードは「紡毛糸」から織り上げられます。繊維の長い「梳毛糸」は手でも撚る事ができますが、紡毛糸に使われるウールは繊維が短いので、「和紙を梳く」時のように繊維を平らに伸ばす「カーディング」と呼ばれる工程が必須です。



撚られる前の太い状態からしっかりと撚りが加えられ、いよいよ「紡毛糸」の完成です。



経糸(縦糸)を揃えていく「ワーピング」という作業。こちらは機械を使いますが、、、(それもなかり旧式の)



「へドル(上下し柄を出す部分)」や「ストッパー(糸が切れた時に落ちてブザーを鳴らす)」などに経糸を通す、製織前の最終準備はなんと手作業💦近代的な工場ではまず見られない光景なのです。。。

ここまでを工場で行うと、いよいよ工程は工場を離れます。(続く)

THE MACALLAN -Ⅱ-

11/01/2019

あのウィスキーのトップブランド、THE MACALLAN(ジ・マッカラン)の蒸留所訪問記後編です。

普通の人は、この写真を見てもどこだか分からないと思いますが、こちらがこの蒸留所の心臓部。
「スチル」と呼ばれる金属容器が連結されたものが3系統、合計36基のスチルが近代美術館の様なモダンな空間に配置されています。ここに至る通路の途中では原料である大麦(Barley)も見せてもらいましたが、こちらで樽詰め前の「ニューポット」と呼ばれる状態の液体になるまでの2度の蒸留が行われます。

驚いたのは、「年間1,500万リットル」と言われるスコットランド最大の生産能力を誇るこの蒸留所の心臓部では、通常僅か9人のスタッフしか配置されていないということ💦美しさだけでなく、効率・生産性を極めた最新の施設であることを実感します。



「ビジターツアー」が大人気のこちらの施設には様々なギミックが。
これは敷地内に今もある創業者の自宅(創業当時の模様)の模型で、樽をイメージした台の上を廻すとせり上がって来ました✨




こちらは樽の内部の様な場所に入って観る、樽の生産風景。
MACALLANでは、主にアメリカンオークとヨーロピアンオークのシェリー樽を使用しているそうです。
今回初めて知りましたが、前述の「ニューポッド」はほぼ無色で、ウィスキーのあの綺麗な「琥珀色」の99%は使用されている木やしみ込んだシェリー酒などから来ているようです💦



やはり最後はテイスティングタイム!
こちらでは「ニューポッド」も試せる他、年代の違う2種を楽しむことができます。
この日は朝からウィスキーを飲んでいましたが💦、それぞれ味わいが違うのと、もったいないので全て飲んでしまい気分はよくなるばかり。笑





荷物の都合で買う予定なかったのですが、「ツアー参加者だけに先行販売されている限定ボトル」とのことで記念にしっかり買ってきてしまいました♪



帰り道、駐車場脇の原っぱにいたのは、「スコティッシュ・ハイランド・キャトル」と呼ばれるスコットランド原産の牛。
初めて近くで見ましたが、なかなかの存在感でした✨

THE MACALLAN -Ⅰ-

10/25/2019

さて、まるで近代美術館のようなこの建物は何だと思いますか?
実はこちらあの世界的に有名なウィスキーブランドTHE MACALLAN(ジ・マッカラン)の蒸留所。
昨年完成したばかりの新蒸留所を訪れることができました!
場所はハイランド東北部、ウイスキー好きにはよく知られたスペイサイド(スペイ川流域)にあります。この前にお邪魔したカシミアの名門JOHNSTONS(ジョンストンズ)があるエルガンからは車で4,50分の場所でした。


まるで高級ホテルか三ツ星レストランのエントランスのようですが、ここは紛れもなく蒸留所の入口です💦


ビジターツアーの受付カウンターの横にはライブラリーの様なスペースがあり、840本のアーカイブボトルが天井近くまで壁のように並んでいて圧倒されます。。。


実はそもそも今回MACALLANを訪れるアイディアは無かったのですが、JOHNSTONSのディレクター アラスターさんに(前述の)BENROMECH(ベンロマック)訪問をお願いすると、「それならMACALLANも行こう!あそこは去年新しい蒸留所が出来てすごく話題になってるんだ♪」とのことで、人気のビジターツアーを事前に予約していただいたのでした✨

まずはこのライブラリースペースで、MACALLANの歴史や、歴史に残るビンテージウィスキーの数々を紹介してもらい、いよいよ工場内部へ。。。(続く)

WHISKEY & CASHMERE

10/18/2019

ロンドンから飛び立ち、向かった先はスコットランド北部の町 インバネスでした。
同じフライトだったお取引先様と合流し、翌日はカシミアの名門 JOHNSTONS(ジョンストンズ)を訪問。迎えに来ていただいたディレクターのアラスターさんに先ず連れて行っていただいたのは。。。

知る人ぞ知る、今注目を集めているスコッチウィスキー蒸留所 BENROMACK(ベンロマック)でした!




こちらの蒸留所のオーナー(所有企業)は、ウィスキースペシャリストとして名高い老舗インディペンデント・ボトラー(独立瓶詰業者)のゴードン&マクファイル(GM)社。同社は100年以上に渡る長い歴史を持ちますが、その悲願でもあった蒸留所の獲得を果たしたのは1993年のことでした。10年物、15年物が市場に出てくるようになり、その豊かで深い味わいで既に多くのファンを獲得しています。

なぜ、今回お邪魔することになったかというと、なんとGM社とJOHNSTONSのオーナー家は親戚関係にあたり、JOHNSTONSの先代(現会長のお父様)はGM社のオーナー家のご出身との事。昨年、アラスターさんからお土産でいただいたウィスキーが凄く美味しかったので興味を持ち、今回お願いして連れてきていただいたのでした✨



事前予約していただいていたので、見学ツアーで蒸留所内をくまなく見せていただきました!(↑の倉庫を扉の外から撮らせてもらえた以外は写真NG)その後はテイスティングで、年の違うウィスキーを飲み比べさせていただきました♪
ストレートよりも、水を少しだけ垂らすと一気に香りが拡がっていいみたいです💛(初めてだった蒸留所ツアーには、実は続編がありまして続きは次回に。。。)




その後は、JOHNSTONSに移動し、お取引先様のためにこちらでもツアーをしていただき、オーバーランチで少しミーティングを。。。



今年会長に就任されたばかりのジェニーさんにお目にかかることができ、同社の貴重なアーカイブを見せていただきました♪
1797年創業で、ニット製品の工場を含めると700名近い従業員を擁するJOHNSTONSは、ロイヤルメンバーも度々訪れるスコットランド有数の名門企業。カシミアのジャケットは少し敷居が高くても、マフラーなどで同社のハイクオリティー製品を日本でもお楽しみいただけます!

LONDON

10/09/2019

7月の出張の話題が終わったばかりですが💦、先月の渡英の話題で失礼します。
実はこの出張のメインは、私が所属する「東京商工会議所千代田支部」のなかでも幹部を拝命している「青年部」の視察旅行。とはいえ、せっかくなので1日早く入り、最近行けていなかった仕入先へ。。。


それは、シャツ生地サプライヤーのRINGHART(リングハート)!
こちらの本社兼倉庫はロンドン南部、ウィンブルドンにも程近い地下鉄の終点にあるのですが、最近は市内1日しかなくなかなか足を延ばせず、久々の訪問となりました✨



こちらはサンプル1冊のコレクションが大きく(なんと700種以上💦)、リニューアルは数年に一度のみですが、マーケットやトレンドの事など色々と情報交換ができました♪



ちなみに、車好きな社長が今回駅まで迎えに来てくれたのは、まるで新車のような素晴らしいコンディションの88年式ポルシェでした💛羨ましい!



商工会のメンバーと合流してからの2日間は、在英日本大使館、JETROを始め、日本政府の支援で昨年ケンジントンにオープンしたアンテナショップ"JAPAN HOUSE"や、千代田区の中学校とエクスチェンジプログラムを20年以上続けている現地の女子校訪問など盛りだくさん💦公務が終わった金曜の夜はミュージカル(オペラ座の怪人)の観劇に繰り出しました!


土曜日は貸し切りツアーで大英博物館へ。
実は私学生の時に1回行ったきりでしたが、ガイドさんが3時間かけて要領良く説明してくれるツアーは分かり易くメンバーにも大好評でした✨


その後は、ノッティングヒルのポートベローマーケットに行き、雰囲気を愉しみながらパブランチを🍴
そしてHARRODS(ハロッズ)でのお買い物タイムのあと、有名なシーフードレストランでのフェアウェルディナーを愉しみました。
初日には私がメンバーになっているジェントルマンズクラブRAC(=ROYAL AUTOMOBILE CLUB)に「夕食前の一杯」をしに行ったり、「大人の社会科見学」ということで名門テーラーHENRY POOLE(ヘンリー・プール)にお邪魔したり、「初UK」も多いメンバー達には色々なロンドンを見ていただけたかなと思います。
日曜日に日本へ向けて飛び立った本隊を見送った後、私は北へのフライトに乗ったのでした。。。(続く)

MILAN

10/01/2019


いやはや、すっかりご無沙汰してしまいました💦💦
先月は仕入先来日(諸事情によりいつもより長期)やイレギュラーな海外出張があり、東京には殆どおらず弊ブログ史上初めて1ヶ月スキップしてしまいました<(_ _)>
今回の出張の話題は後日書かせていただくとして、まずは前回の出張の話題のFINALをお届けいたします。

(今回は行程を逆からお届けしているので)最初の目的地のミラノでは、いつもの服地総合展"MILANO UNICA(ミラノウニカ)"がメインでした。


近年世界的に熱い注目を集めているFOX BROTHERS(フォックスブラザース)のブースでは、大手取引先様のリクエストで「スペシャルプロジェクト」の打ち合わせをさせていただいたり。。。



もはや「イタリアの巨人」と呼びたくなる、ビエッラの有力ミルVBC(ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)のブースでは今回も趣向が凝らされた展示が✨ロックバンドやレコードプレイヤーをフィーチャーした展示は相変わらずセンスがいいです♪




ファッション業界でも近年重要なキーワードになってきている「サステナビリティ」をテーマにした、新しいコレクションの数々が色々と紹介されていました。「再生ウールの使用」など、今までなかった切り口での提案はこれからのファッションの方向性を示しているようです。自ら案内していただいたのは、13代目でクリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ氏。



ミラノ滞在は実質1日だけで、展示会場で終日過ごす予定だったのですが、タイのSS2020に向けた受注開始の直前だったため急遽ALBENI1905(アルベニ1905)に行くことになりました。実はこちらマルペンサ空港のすぐ近くで、ミラノ市街地西部の展示会場から車で2,30分ほどなので迎えに来てもらえるとアクセスがいいのです♪


やっぱりFace to Faceのミーティングは捗るし、盛り上がります!
色々と追加のアイディアも生まれ、充実のコレクションになりました✨

さて、今回は(大阪男子のネタと被らないため💦)変則的なお届け&途中時間が空いてしまい失礼しましたが、これで以上になります。ありがとうございました!

CAPRI

8/27/2019

さて、出張の話題に戻り、また遡らせていただきます。笑
つい4年まで南イタリアには行ったことがなく、おっかなビックリで「向学の為」ナポリに行った際は「これが最初で最後かも。。。」と思いましたが、まさか翌年にはこの地に仕入先が出来て毎年来ることになるとは💦
4年前に初めて来たときと全く変わらない、卵城(カステロ・デル・ オーボ Castel dell'Ovo)からのヴェスビオ火山です。



土曜日は今回もカプリ島へ🚤
4年前は独りで来ましたが、ここ3年はお取引先様や社員と毎回一緒。
フェリーで到着後、乗り合いボートでやってくるこの場所はやはり外せず。。。



今年も「青の洞窟」へ!もうこれで6回目ですが、今回も無事入ることができました。
以前にお知り合いで「3日間島に泊まっていたのに結局入れなかった😢」という方がいましたが、気候や条件が悪いと入れないこともあるようなので、私はこの洞窟との相性がいいみたいです。
船頭と交渉して、今回はスタッフ2名とも洞窟内で泳ぎました。笑



もはや我々の定番となったモーターボートでのクルージング。
船着き場では「何回も来てるね!?」と言われました💦
アジア人の男だけグループはこの島には殆どいないので、仕方ありませんね。苦笑



「大阪男子」の秘蔵写真です。笑
「これがナポリブルーだ!!」と終始大興奮でした♪

SUMMER HOLIDAYS

8/21/2019

弊社では先週一杯を夏季休業とさせていただきました。
多くの皆さまが先週休みを取られたのではないかと思いますが、どんなお休みでしたでしょうか?

私は今年も(今回は弊社保養所の管理も兼ねて)軽井沢で家族と過ごしました。
始めの晴れていた数日は、子供達を公約通りテニスに連れて行き。。。(私は昨年スキーでした怪我が完治しておらずできません😢)



途中、英国時代の友人一家が遊びにきて一緒にBBQをやったり、同じく九州からもロンドン時代の友人が泊りで来たり。。。
楽しくも、時間を持て余すことは全くありませんでした💦(こちらは旧軽井沢の「御膳水」です)



子供の頃から通っている盆踊りにも行くことができました✨
私実は、「東京音頭」は踊れないのに「軽井沢音頭」だけはしっかり踊れたりします。笑

この3日で夏休み気分は吹き飛びましたので 苦笑、AW2019シーズンに向けた詰めの作業に励みます!