la mode europeénne sélectionné pour vous

VBC FABRIC ACADEMY -Ⅱ-

11/12/2018

「イタリア服地界の雄」VBC(Vital Barberis Canonico=ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)の本社で"FABRIC ACADEMY(ファブリック アカデミー)"と名付けられた研修プログラムを受講した後、ミル(工場)見学がスタート!
原毛を保管する倉庫から各工程を廻っていきます。
VBCではウール、モヘア、カシミアなど多くの原料を使っていますが、やはり最も重要なものはウール!
(実は今回初めて聞いたのですが💦)VBCで使っている原毛は「オーストラリアサクソンメリノ」という種類のもので、このように「洗浄後」「10倍に圧縮」された状態(バンプ)でミルにやってきます。




アカデミーの講師、ヴァレンティーナさんが持っているのは原料染め(トップダイ)された繊維の束で、これを一本の細い糸にしていきます!



いよいよ製織(織りの工程)です!
VBCは従業員の耳を守る為、世界で初めてLOOM(ルーム=織機)に扉をつけた先端的な企業。
VBCの生地は異物混入(他の繊維等)が少ないのですが、ここにもその理由があるような気がします...



何度も行われる反物のチェック工程。
VBCには約450名の従業員がいるそうですが、なんとこのうちの40%近くがこの工程に従事しています!
糸や反物の運搬の他、様々な工程が自動化されている先進的な織物工場でも、やはり「人間の眼」が必要な箇所には人材を惜しまないようです...



弊社スタッフも度肝を抜かれていたのが、仕上げも終わり完成した反物を収納するこちらの倉庫。
コンベアで運びこまれた反物は、「UFOキャッチャー」のような装置を使って全自動で所定の位置に収納されています。高さが30mあるこの倉庫には、なんと最大15,000反(約110万メーター)の生地が収納可能だそうです💦



ツアーの最後には、デザインスタジオ内に数年前に開設された「アーカイブルーム」にも案内してもらいました。
バーカウンターまである豪華な設備には弊社スタッフも感動していたようで✨



アカデミーと工場見学が終了すると、用意されていた「受講証」(&色々なお土産まで)をいただきました!
既に日本でも大変評価の高いVBCですが、実際にミルに伺いこういったホスピタリティーに触れると、服地作りの裏側にある同社の企業哲学がよく分かると思います...
今回同行していた弊社スタッフ2名は大変感銘を受けたようで、「自信を持ってもっと売ります!」とのことで今回は連れていってよかったです♪

VBC FABRIC ACADEMY -Ⅰ-

11/05/2018

前々回まで7月の出張の模様をお伝えしてきましたが、今回からは9月の出張の様子をお伝えします!
とは言っても、重複した行先も多かった為、こちらならではのトピックスを幾つか...

まずはVBC(Vitale Barberis Canonico=ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)で受講した、"FABRIC ACADEMY(ファブリック アカデミー)"についてご紹介させていただきます♪



350年以上の歴史を誇り、「イタリア服地界の雄」として知られるVBCは昨年遂に1000万メーターを超える生産高を達成しました。中国などの低価格品ならともかく、イタリア製の高級服地としてはまさに「記録的」な数字です💦
近年はPRに力を入れるなど「服地メーカーの枠を越えた」発展を続ける同社が次に目をつけたのが「教育」!
昨年から始まった"FABRIC ACADEMY"というトレーニングプログラムを、なんと日本の服地業界人としては初めて受けさせていただきました✨私と弊社スタッフ2名の為にわざわざ開催していただき有難い限りです💦





同社の歴史から、物づくり(原毛~仕上げ)までのトピックスを1時間以上かけて丁寧に説明していただきました。
現在のブランドロゴには、「ビエッラ(VBCの所在地)の水」、「テーラーへのオマージュとしての鋏」などがモチーフとして使われているなど初めて知ることも✨
私は英伊のミルを何度も訪れていますが、弊社スタッフ達は初めてだったこともあり真剣そのもの!で耳を傾けていました。写真左の生地は「仕上げ前(織り上がったばかりの状態)」で、右の仕上げ後のものとはまるで別物💦
こうやって実際に「見て」「触れて」学ばしていただけるのは、弊社スタッフ達にとっては貴重な機会です。



「座学」終了後はいよいよ工場見学!
廊下には同社の1663年からの歴史を説明するパネルがあり、弊社スタッフ達のテンションは更に上がっていきます✨
(次回に続く)