la mode europeénne sélectionné pour vous

VBC FABRIC ACADEMY -Ⅱ-

11/12/2018

「イタリア服地界の雄」VBC(Vital Barberis Canonico=ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)の本社で"FABRIC ACADEMY(ファブリック アカデミー)"と名付けられた研修プログラムを受講した後、ミル(工場)見学がスタート!
原毛を保管する倉庫から各工程を廻っていきます。
VBCではウール、モヘア、カシミアなど多くの原料を使っていますが、やはり最も重要なものはウール!
(実は今回初めて聞いたのですが💦)VBCで使っている原毛は「オーストラリアサクソンメリノ」という種類のもので、このように「洗浄後」「10倍に圧縮」された状態(バンプ)でミルにやってきます。




アカデミーの講師、ヴァレンティーナさんが持っているのは原料染め(トップダイ)された繊維の束で、これを一本の細い糸にしていきます!



いよいよ製織(織りの工程)です!
VBCは従業員の耳を守る為、世界で初めてLOOM(ルーム=織機)に扉をつけた先端的な企業。
VBCの生地は異物混入(他の繊維等)が少ないのですが、ここにもその理由があるような気がします...



何度も行われる反物のチェック工程。
VBCには約450名の従業員がいるそうですが、なんとこのうちの40%近くがこの工程に従事しています!
糸や反物の運搬の他、様々な工程が自動化されている先進的な織物工場でも、やはり「人間の眼」が必要な箇所には人材を惜しまないようです...



弊社スタッフも度肝を抜かれていたのが、仕上げも終わり完成した反物を収納するこちらの倉庫。
コンベアで運びこまれた反物は、「UFOキャッチャー」のような装置を使って全自動で所定の位置に収納されています。高さが30mあるこの倉庫には、なんと最大15,000反(約110万メーター)の生地が収納可能だそうです💦



ツアーの最後には、デザインスタジオ内に数年前に開設された「アーカイブルーム」にも案内してもらいました。
バーカウンターまである豪華な設備には弊社スタッフも感動していたようで✨



アカデミーと工場見学が終了すると、用意されていた「受講証」(&色々なお土産まで)をいただきました!
既に日本でも大変評価の高いVBCですが、実際にミルに伺いこういったホスピタリティーに触れると、服地作りの裏側にある同社の企業哲学がよく分かると思います...
今回同行していた弊社スタッフ2名は大変感銘を受けたようで、「自信を持ってもっと売ります!」とのことで今回は連れていってよかったです♪

VBC FABRIC ACADEMY -Ⅰ-

11/05/2018

前々回まで7月の出張の模様をお伝えしてきましたが、今回からは9月の出張の様子をお伝えします!
とは言っても、重複した行先も多かった為、こちらならではのトピックスを幾つか...

まずはVBC(Vitale Barberis Canonico=ヴィターレ・バルべリス・カノニコ)で受講した、"FABRIC ACADEMY(ファブリック アカデミー)"についてご紹介させていただきます♪



350年以上の歴史を誇り、「イタリア服地界の雄」として知られるVBCは昨年遂に1000万メーターを超える生産高を達成しました。中国などの低価格品ならともかく、イタリア製の高級服地としてはまさに「記録的」な数字です💦
近年はPRに力を入れるなど「服地メーカーの枠を越えた」発展を続ける同社が次に目をつけたのが「教育」!
昨年から始まった"FABRIC ACADEMY"というトレーニングプログラムを、なんと日本の服地業界人としては初めて受けさせていただきました✨私と弊社スタッフ2名の為にわざわざ開催していただき有難い限りです💦





同社の歴史から、物づくり(原毛~仕上げ)までのトピックスを1時間以上かけて丁寧に説明していただきました。
現在のブランドロゴには、「ビエッラ(VBCの所在地)の水」、「テーラーへのオマージュとしての鋏」などがモチーフとして使われているなど初めて知ることも✨
私は英伊のミルを何度も訪れていますが、弊社スタッフ達は初めてだったこともあり真剣そのもの!で耳を傾けていました。写真左の生地は「仕上げ前(織り上がったばかりの状態)」で、右の仕上げ後のものとはまるで別物💦
こうやって実際に「見て」「触れて」学ばしていただけるのは、弊社スタッフ達にとっては貴重な機会です。



「座学」終了後はいよいよ工場見学!
廊下には同社の1663年からの歴史を説明するパネルがあり、弊社スタッフ達のテンションは更に上がっていきます✨
(次回に続く)

LVMH PRIZE 2018 WINNER

10/30/2018

英国最大のファミリーマーチャント LBD-HARRISONSのジェームス・ダンスフォード社長と笑顔で写真に納まる写真左の方。よく見るとHARRISONSの"Woven Selvedge(織耳)"や"Woven Label(織ネーム)"を表面に配した一風変わったジャケットをお召しになっています。実はこの方、日本、いや世界のファッションシーンで今とても注目されているデザイナーさんなのです!

 

 
今年の6月にパリで開催された"LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)PRIZE 2018"の表彰式の模様。
「世界最大のプレミアムブランドグループ」が若手デザイナーを支援する為に開催しているコンテストの第5回大会で、1300組の応募のなか栄えあるグランプリに輝いたのがこちらの井野将之さん(ブランド:DOUBLET)なのです!
写真にはプレゼンターの女優エマ・ストーンさん(LA・LA・LANDでアカデミー主演女優賞受賞)や、「デザイナー界の生き神様」カール・ラガーフェルドさんの姿も💦💦




前後の各身頃(4枚)をデザインの違う服地にし、敢えて織耳を袖に出し服地ブランドの織ネームを複数配した「唯一無二」のジャケット。これらは井野さんの自信作で、6月のコンテストでも出展されたそうです。
二人はすっかり意気投合し、次回作に向けたリクエストをいただいたり盛り上がっていました✨
物凄く気さくで謙虚な井野さんでしたが、後に表彰式の模様を私とYoutubeで見たジェームス社長は「Amazing,,,,」とかなり感動したようでした。
表彰式の模様は> こちら

ちなみに「他にも服地ブランドはたくさんあるだろうに、なんでHARRISONSなの?」とのジェームス社長からの質問には、先ずは「ブランドロゴや織耳が恰好いいから」、そして「デザインだけでなく実際にいい服を作りたかったのでこのクオリティーが素晴らしい!」とのことでした💛

先週来日していたジェームス社長ですが、「サヴィル・ロウの名門テーラーから、新進気鋭のデザイナーにまで愛用して貰って本当に嬉しい!」とすっかりご満悦の様子でした♪

WEST OF ENGLAND

10/17/2018

皆様「英国服地の聖地」と言うとイングランド北部ヨークシャーの「ハダースフィールド」を思い浮かべられると思います。しかし、今イングランド南西部に「新たな聖地」があるのをご存知ですか?
それはロンドンのパディントン駅から特急で約2時間の街、デボン州のエクセター。また、少し手前のウェリントン(サマセット州)です。

まず、エクセターに本拠を構えるのが「英国最大のファミリーマーチャント」であるLBD-HARRISONS!
HARRISONS,H LESSER,SMITH WOOLLENSなど6つの名門ブランドを傘下に収めるこのグループは、ここエクセターがベースです。1895年創業のこちらは、4代目のジェームス、マーク社長の代で輸出を飛躍的に伸ばし(そしてロンドン市場でも!)グループの売り上げを倍増させました。サヴィル・ロウのどのテーラーに行っても同社のバンチが多く置かれていて、英国のビスポーク業界に無くてはならない存在であることが分かります✨

この日はお取引先様と弊社の営業スタッフが同行していましたが、所蔵されている反物の数に驚かれていました♪


その後は車で1時間ほどロンドン方面に戻り、ウェリントンのFOX BROTHERSへ! 



ダグラス・コルドー氏の愛犬「ブー」もこの日はミル(織物工場)に来ていました。この犬種「ウィペット」は「グレイハウンド」の一種で、ドッグレースでも使われていたほど足が速いのが特徴のようです。雰囲気のいいショールームの中で寛いでいました💛



そして、工場内を見学させてもらいました♪ミルを訪れるのは初めてのお取引先様(&弊社スタッフ)もいて、皆興味深々で各工程を見学です。



度々行われるチェック、そして補修もすべて熟練スタッフの「目と手」で行われています。
お取引先様には実際の現場を見ていただき、服地の製造にかかる「手間と時間」をよりご理解いただけたかと...



帰りは駅までダグラス社長(&愛犬ブー!)が送ってくれました。我々は総勢7名(+1匹)でしたが、ダグラス社長の愛車「ランドローバー・ディフェンダー」はさすが軍用車だけあって無事送り届けてもらいました!

LAST DAY IN LONDON

10/14/2018


すっかり秋めいてきましたが💦、7月の出張の模様に戻らせていただきます。
サヴィル・ロウとジャーミン・ストリート周辺を廻った後にウエストエンドをしばし離れ、メリルボーン駅近くのドーセット・ストリートへ...

今注目を集めている新進のツイードブランド、DASHING TWEEDS(ダッシング・ツイード)の新しいショップ兼オフィスを訪ねました!




"MODERN & URBAN"をテーマにする、他に類を見ない同社のツイードは「ナイキ」や「コンバース」などに採用された他、「パディントン2」や「オリエント急行殺人事件」などの映画でもスクリーンを彩りました。
この夏まではサヴィル・ロウから程近いサックヴィル・ストリートに小さなショップを構えていましたが、近年お洒落なショップやホテルが集まり注目されているドーセット・ストリートに満を持して移転!店舗部分だけでも2倍の広さになったそうです。

凄く居心地のいいショップなので、オーナーでクリエイティブディレクターのガイさんと、ビジネスディレクターのホリーさんとすっかり話し込んでしまいました♪




この日はウェストエンドに戻るとセントジェームスのRAC(Royal Automobile Club)へ。
以前にも紹介させていただいた、ウィンストン・チャーチル元首相もメンバーだった名門ジェントルメンズクラブです✨
週替わり(厳密には2週に一度らしいですが...)のメンバーのコレクション展示は、スバルのラリーカーでした!



この日は弊社スタッフの他、お取引先様も数名同行いただいていましたが、LBD-HARRISONSのマーク・ダンスフォード社長の厚意でディナーに招待してもらいました🍴
メインサロンもこんな感じ✨で、お取引先様にも喜んでいただきました。



日中は暑くても、夜になると心地いい気温になるのが「イングリッシュサマー」の特徴。
さすが名門クラブだけあってシガーも常備されており、食後は外のテラスで食後酒と一服を愉しみました!

次の日は日帰り出張だったのでロンドンはこの日が実質最後。今回もいい滞在になりました♪

FOX BROTHERS TALK SHOW

10/08/2018



出張の話題の途中ですが、先週東京・大阪で開催されたイベントの模様をご紹介させていただきます。
「以前はフランネルの商標も保持していた、英国フランネルの代名詞」と言えば、皆さまご存知のFOX BROTHERS(フォックス・ブラザーズ)!
約10年前に同社の経営に参加し、瀕死の状態だった名門ミルを蘇らせたのが現社長のダグラス・コルドー氏なのです✨




ちょうどご本人からも「お取引先の皆さんと触れ合えるイベントをしたい」との要望があり、トークショーを企画すると多くの申し込みがありあっという間に満席!「服地業界を代表するウェルドレッサーの一人」として知られ、数年前は日本のファッション誌の表紙まで飾った氏の注目度は私達の想像を超えていました💦

・創業してすぐの主力商品は軍服向けのサージ。1年後には既にフランネルが登場していた。
・1910年頃(ピーク時)の従業員は約5000人。町では学校、病院の他銀行まで経営し独自通貨を発行していた。
・ウィンザー公から最新の007映画まで。多くのセレブリティーに愛され、スクリーンにも登場してきたFOXフランネル。
・氏の愛車、愛犬などライフスタイルについて。

など、興味深い話を色々していただき、時間を大幅にオーバーしてしまってもオーディエンスの皆さまは真剣に耳を傾けていただいていました✨
ちなみに話のお相手&同時通訳は私で、なんとかこなしましたが終わるとドッと疲れが💦




弊社のトークイベン恒例で、今回もトークショーの後はシャンパン片手の懇親会🍸
ダグラス社長は、写真撮影や質問なので引っ張りだこでした♪




翌日は、弊社大阪営業所の入るビルで会議室を借りて開催。
北は九州から東京(前日お越しになれなかった方)など更に多くのご来場をいただき、もはやちょっとしたセミナー会場のようでした💦こちらでも多くの皆さまにお楽しみいただけたようで、懇親会ではたくさんのシャンパンが空いていたような。。。笑




フランネルは「着用できる季節がある程度限られる」半面、今の時代これほど男をダンディーに見せてくれるスーツ地はないと思います。。。特にグレーフランネルはクローゼットに絶対1着欲しい逸品。まだの方は今年の冬に向けてぜひ!!

HENRY POOLE and BENSON & CLEGG

9/29/2018


7月の出張の模様。続きです。
社長のサイモン・カンディー氏を始め、首脳陣には大変お世話になっているHENRY POOLE(ヘンリー・プール)は今回もしっかりお邪魔してきました!

ちょっと分かりずらいかも知れませんが、ウィンドーディスプレーはちょうど開催中だった「ウィンブルドン」ののテニストーナメントがテーマ🎾
人工芝が敷かれ、紳士達の「観戦ウェア」が提案されています♪




セールスマネージャーのアンソニー氏(左)が出してくれたこの生地は!?



実はこちら、歴史に名を残す宰相 ウィンストン・チャーチルもメンバーだったことで知られるジェントルマンズクラブ RAC(ロイヤル オートモービルクラブ)のオリジナルチェック。なんとRAC × HENRY POOLE × HARRISONSのトリプルコラボだそうです!こちらのサイモン・カンディー社長はRACの若き重鎮で、HARRISONSのマーク・ダンスフォード社長も同クラブのメンバー。実は私もこの二人の推薦により現在入会審査中だったり…



同行の弊社スタッフも工房を見学させていただき、凄く喜んでいました✨
なにせここは昭和天皇(皇太子時代)や吉田茂、そして希代のダンディーとして知られる白洲次郎などのスーツを作ってきた「サヴィル・ロウ最古」の工房なのです...



HENRY POOLEを訪れた後は、徒歩3分ほどの「ピカデリーアーケード」にあるBENSON & CLEGG(ベンソン&クレッグ)へ。日本では「王室御用達のボタンとバッジ」で有名ですが、1937年創業の同店は現在に至るまでれっきとしたビスポークテーラーなのです!


ヘッドカッターのオリバー・クロス氏にも再会できました。
同行のお取引先様からの質問にも真摯に答えていただき、本当に感謝です✨



凛々しい軍服姿は、同店の顧客であったウィンザー公(エドワード8世)。シンプソン夫人との「王冠を懸けた恋」で在位僅か325日で退位したエピソードはあまりにも有名です。
その右にいる方は誰だか分かりますか??

正解は現在のエリザベスⅡ世女王です!お若い(&お美しい)!!

LAST WEEKEND

9/21/2018

7月の出張の話題の途中ですが、先週から再度イタリア・英国出張となり昨日戻ってきました。
通常、夏の欧州行きは一度だけのところ、今回は営業スタッフの「研修出張第2弾」ということで7月とほぼ同じルートで辿ってきました。唯一違っていたのは「ミラノの展示会」→「イタリア服地の雄、Vitale Barberis Canonicoの訪問」でして、こちらは後程ご紹介させていただきます。

週末はお約束の青の洞窟(カプリ島)で今回もスタッフが飛び込みました!(船頭さん了承済)
私はこの4年で5回連続で洞窟に入ることができましたが、季節やコンディションによっては入れないこともありなかなかの打率みたいです✨



弊社の営業スタッフは「全員操船可能」を目指している訳ではありませんが💦、皆愉しみにしているようでやっぱりランチ後はボートを借りてクルージングを愉しみました🚤


こちらは前日(金曜)の模様。
朝ミラノから飛び、仕入れ先(ARISTON)の訪問と、SARTORIA SOLITOでは2度目の仮縫いをしました。



3年前におっかなびっくりで初めて行ったナポリにも随分馴染んできましたが、欧州自体が初めてだったベテランと若手の2人の営業にはいい経験になったようです。
ホテル近くの名物屋台のトリッパ(なぜか7月にはやっていませんでした)を食べながら海辺で寛いだのもいい思い出になりました♪

GIEVES & HAWKES

9/11/2018




紳士服の聖地サヴィル・ロウで、「1番地の名門」として世界的に名を知られるテーラーが GIEVES & HAWKES(ギーブス&ホークス)。今も王室御用達証(ロイヤルワラント)の3冠に輝き、そのプレステージの高さは落ちることがありません。


ビスポークスーツだけでなく、プレタポルテ(既製服)やアクセサリー類にも力を入れているので現在の同店の特徴。
2階にあるまるでミュージアムのようなアーカイブルームには、運が良ければ(店が混んでいなければ)案内してくれることもあるようです。


見事に陳列されている(近衛兵の)儀仗用正装は、なんと全て現役のもの!
儀式に備えこちらで保管され、出番がくると近衛兵達がここまで着付けにくるそうです💦








こちらはエリザベス女王が戴冠式で着たローブのレプリカ。
他にもダイアナ妃のおじい様(第8代スペンサー伯爵)が着用した礼装(実物)なども展示されており、ミリタリーテーラー(軍礼服に特化したテーラー)としての歴史を誇るGIEVES & HAWKESの軌跡を見ることができます。








こちらは伝説のポップシンガー、MJ様が特別注文した衣装!(レプリカ)
さあ誰でしょう??って前もやったかな💦








その後は地下の工房を見せていただきました♪
こちらは女性カッターのニーナさん。サヴィル・ロウのスーツの特徴をご教授いただきました✨








私が20年近く前に初めてこちらを訪れた時から、今も健在の熟練テーラーさん。
弊社のお取引先であり、私の友人でもあるKさんが修行をしていた頃仲良くしてもらったそうです✨
これからも元気でサヴィル・ロウを支えていただきたいものです...

HUNTSMAN

9/10/2018




前回の出張の話題の続きです。
ナポリで週末を過ごした後、飛行機で一気に北上しロンドンへ✈
同じヨーロッパでも、気候、風土、文化から食べ物までまるで違う各国の都市を廻るのは愉しみでもあるんですが、気持ち的についていくのが大変な時もあります💦
なにせここは紳士服の聖地 サヴィル・ロウ!
ナポリから来ると、イングリッシュドレープの効いた構築的なスーツが物凄く新鮮に感じます...


こちらは11番地の名門テーラー HUNTSMAN(ハンツマン)。
一ツ釦にこだわったその独特のスタイルと共に、「サヴィル・ロウで一番高価」と言われるそのプライスも有名で、現在の一着仕立て上がりのスタート価格はなんと5,200ポンド(約78万円)だそうです。










ご存知の方も多いと思いますが、人気映画“KINGSMAN(キングスマン)”のシリーズ2作の舞台になったのがこちらのHUNTSMAN。
表の看板の裏に(恐らく撮影の時に使った)“KINGSMAN”のネームが残る他、撮影シーンを再現したフィッティングルームもあるのです!








中はこんな感じです。
以前は“The Colin Hammack Room”という往年の名カッターの名を冠した部屋でしたが、このノリ(調子)の良さが英国っぽいですね♪
実際、映画のヒットによるHUNTSMANを知らなかった若い富裕層へのPR効果はかなり大きいそうです✨








奥のカッタールームは以前に比べると随分綺麗になり、若い職人たちが腕を振るっています。
顧客と直接話し、体にも触れるカッターはサヴィル・ロウでは花形の職業で、地下の工房で一日縫い続けるテーラーとはステータスもかなり違います。(今回は地下は見せてもらえませんでした。綺麗なところだけ見せる戦略か...苦笑)
でも、テーラーとカッターの仕事のコンビネーション無しに、サヴィル・ロウのビスポークスーツは生まれないのです!








天井から型紙が吊るされているのを発見し、「なんで?」と聞くと「亡くなった顧客の型紙をしばらく天井に吊るし、皆で偲ぶんだよ」と...
「紳士たるもの、テーラーと床屋は滅多なことでは変えない」という言葉がある英国ならではの、「一生の付き合い」を教えてくれる光景でした。