la mode europeénne sélectionné pour vous

AW2018 COLLECTION

11/15/2017


落ち葉が目立つようになり、いよいよ本格的な冬の到来もすぐそこに... というところですが、
弊社では来年の秋冬(AW2018シーズン)に向けた展示会を開催中です!

7月、9月にミラノやパリの服地展示会でお披露目された、有名服地ブランドのフルコレクションをご紹介する特別な機会。アパレルメーカー様への原反販売や、小売店様に向けてはアイディアソースをご提供する場になっています。

こちらはイタリアを代表する有力ミル VITALE BARBERIS CANONICO(ヴィターレ バルべリス カノニコ/VBC)のフルコレクション。「フィーラー」と呼ばれる手前の大きな生地ハンガーで感触を確かめ、奥の冊子のスワッチ(生地のカッティング)で色柄を見ていきます。




VBCほどの規模になると各シーズンの打ち出しもしっかりしていて、AW2018シーズンは“オランダの博物学者、アルベルトゥス・セバの自然標本を収集した名著「Cabinet of Natural Curiosities(博物宝典)」から、自然世界の驚異とヴィターレ・バルベリス・カノニコのファブリックの類似を紹介”とした可愛らしいプレゼンテーションとなっています。




こちらは日本にファンの多いHARRIS TWEED(ハリスツイード)のフルコレクション。
圧巻の色柄数です!




レディースの生地も一部あり、メンズとはかなり違うテクスチャーやデザインを見れるのが新鮮だったりします♪

皆さま、冬に向けた準備はもうお済みですか!?

NEON

11/09/2017



1846年創業。英国の歴史あるカントリー服地マーチャントでありながら、進化を欠かさないことで時代を越えて輝き続けるW. BILL(ダブリュー ビル)。

今季発表されたNEON(ネオン)は、新しいコンセプトのアーバンツイード。
その最大の特徴は、「マイクロガラススフィア」という特殊加工がされたヤーン(糸)による暗所での光反射です。サイクリングやカントリースポーツのシーンに於いて、高い視認性とオリジナリティーが周囲の目を惹きます。

既に各所で話題となり多くのオーダーをいただいておりますが、この服地が持つ機能を如実に見せてくれる画像が本国より参りました♪




それがこちら!
「マイクロガラススフィア」の威力が一目瞭然ですね✨

デイタイムは「ファッショナブルなツイード地」、そしてナイトシーンで光を
浴びるとその表情を一変させる唯一無二の生地です。
シティーでも、カントリーでも「他とは違う一着」をぜひ!

NAPOLI

11/02/2017


前回(7月)の出張の話題も最後になります。
随分時間が経ってしまい申し訳ありません💦

ナポリ近郊での週末を楽しんだ後、月曜日は午前中にARISTON(アリストン)ブランドで知られる老舗マーチャントIMPARATO(インパラート)社を訪問。
アメデオ社長自ら、AW2017向け最新コレクションの概要を熱く語ってもらいました。
これにはARISTONファンのお取引先様方にもお喜びいただけたようでした♪




そして、市内に戻りテーラー訪問。
ナポリを代表するサルトリアの一つ、SOLITO(ソリート)ではジェンナーロ氏とルイージ氏の親子で歓迎していただきました。こちらにお邪魔するのは2回目で、ルイージ氏には東京でもお会いしていましたが、本当にフレンドリーなファミリーです♪




日本にもファンの多いジェンナーロ氏。
年季の入ったアイロンを、滑らかに動かしている様には思わず見入ってしまいました...




これぞナポリスタイル!
ルイージ氏は型紙を使わず生地に直接チョークを入れていきます。
型紙を使うサヴィル・ロウ式を見慣れている私には新鮮で、躊躇なくリズミカルにラインを描く高いスキルには さすが!の一言♪




以前はLONDON HOUSE(ロンドンハウス)の名前で知られていた名店、RUBINACCI(ルビナッチ)にもお邪魔してきました。あいにくもう工房は閉まっていましたが、イタリアの政財界人を多く顧客に持つ店だけあってやはり貫禄のある店構えです。

この後、ミラノの服地展示会に1日行き全ての行程が終わりました。
今回は英国、イタリア共に(私としては珍しく)お取引先様のアテンドがメインで、お蔭様で充実した旅になりました!